ラーンネットBlog

☆バンビーナ☆クリスマス会☆(ラーンネット通信1月号より)

バンビーナ2学期最後の日、12月16日はクリスマス会でした。これは毎年恒例の保護者の方も一緒に参加するイベントです。クリスマス会というだけでもワクワクするのに、お父さんやお母さんが来てくれる!ということで、子ども達にとって、とても楽しみな日です。

一週間ほど前から部屋の飾り付けをしたり、やりたいこと発表の練習をする子ども達の様子を見ているだけで、こちらまで子どもたちのワクワクが伝わってきます。みんな一人一人が楽しめる日になりますように… それがナビの一番の願いです。

DSCF0033

どんなクリスマス会にしようか、とナビ同士でずいぶん前から話し合い、今回は保護者の方にも、やりたいこと企画を募集しました。そして決めたのが「白味噌づくり」です。お味噌づくりの工程には、実は子ども達が楽しめる要素がいっぱいなのです。

また昨年は、バンビーナのお庭で大豆を育てて枝豆として食べたり、残りを大豆として収穫したりしていましたので「枝豆が大豆になり、そしてお味噌にもなるんだ!」ということを、さらに体験として知ってほしいなと思ったのです。

味噌だと熟成期間が10カ月程かかりますが、白味噌だと30日程でできるので、作った記憶が新鮮な時に食べられるのも嬉しいところ。

DSCF0106

さて当日。参加してくださった保護者の方が見守る中、子ども達は、はりきって準備をして作業にとりかかりました。

味噌作りの活動で、子ども達が楽しめる作業をいくつかご紹介しますと、一つ目は、米麹と塩を混ぜる「塩切り」という作業。拝むように掌をこすり合わせるのが、気持ちいい~。この作業は麹のおかげで手もつるつるになるので、保護者の方にも好評でした。

二つ目は、ゆでた大豆をすり鉢でつぶしたり、袋の上からたたく作業。ごりごり、トントンとして丸い豆が、やわらかい粘土のようになっていくのが、気持ちいい~。

三つ目は、先ほど塩切りした麹とつぶした大豆を混ぜる作業。まさにどろんこ遊びのようで気持ちいい~。空気を抜くために丸めて味噌団子を作っていく作業も楽しいのです。

みんな夢中になって、どんどん自分たちで取り組んでいて、頼もしい限りでした。途中で他の遊びに抜ける子もいましたが、集中して満足する時間を体験してくれたように思います。

みんなで笑いあって楽しい気持ちで作った白味噌だから、きっと最高の白味噌になるはず!

DSCF0079

そして白味噌作りが終われば、クリスマス会の始まりです。

みんなでお弁当を食べて、スライドショーを見たり、歌を歌ったり、やりたいこと発表をしたりしました。今回は、4人の保護者の方も手作り紙芝居や、手品、絵本を披露してくださり、たいへん盛り上がりました。

最後は、たくさんの手作りクッキーで飾られたクリスマスツリーから、自分のクッキーを外して、お開きになりました。

これも、みんなでクッキーを作ってクリスマスツリーに飾ろう!と数日前に、ある保護者が企画してくださったものです。

今回は、子どもたちに楽しんでもらいたいという温かい気持ちいっぱいの会になりました。みんなの想いで、一人一人がそれぞれに楽しめました。

 

DSCF0307

さて、いよいよ3学期の始まり。一人一人がますます輝く一年になりますように。今年もよろしくお願い申し上げます!!(まさき まさこ)