ラーンネットBlog

プレバンビーナさん♪やりたいことへの集中力はすごい!(ラーンネット通信7月号より)

プレバンビーナは、月曜日の午前中・1時間のクラスです。モンテッソーリ教育の視点で、子どもを観察し、1人1人のやりたいこと、出来る能力をじっくり見極めて教具を提供する、というスタンスを大切に過ごしています。

6月のある月曜日、働く車が何台も描かれているパズルを子どもがすぐに使えるように出しておきました。すると早速M 君が発見!「これなぁに?」と興味津々。「パズルだけどやってみる?」と尋ねると、すぐに机に持って行き「これはパトカー、これは、はしごしゃ」とそれぞれの車の名前を一通り言ってからパズルが始まりました。

P1140870

ピースがバラバラになると見本とは違う絵に見えてしまいます。少し戸惑っていたので「どの車から作りたい?」と聞いてみると「バス」と教えてくれました。そこでバスの描かれたピースだけを渡し、M君が見本の上に置いていく…こんなやり取りを続けていくうちに、だんだんパズルの組み立て方のコツが分かってきたらしく、どんどん出来上がっていきます。そして、とうとう完成すると両手を挙げて大喜び!!その後2回もやり、大満足で帰っていきました。

 

次のクラスのA君がやってきました。シール貼りをした紙に私が名前を書いていると「何してるの?」と話しかけてきました。これはもしかしたら文字を書くことに興味が出てきたのかな?「塗り絵してみる?」と誘ってみると「キリンにする」と少し大きめの塗り絵を選びました。

P1140882

A君は洗濯ばさみを自在に使って色々な形を作れるので、鉛筆を持つ手は出来上がっています。大きい塗り絵だけど大丈夫かな、という私の心配は杞憂で、図鑑でキリンが何色なのかを見て黙々と塗り始めました。お母さんが迎えにきても「あ、まだ足塗ってなかった」と隅々まで茶色一色のキリンが出来上がりました!!(三木おさる)