ラーンネットBlog

第26回ナビゲーション講座基礎編in湯河原 参加者の声

今年も関東でのナビゲーション講座基礎編を、紅葉深まる湯河原の研修施設にて開催いたしました。10年以上続くこの講座ですが、毎回ご好評頂き、スタッフの私たちも楽しみにしております。これだけ続けられる理由の一つは、このセミナーがこちらから“正解”をお伝えするような一方通行のものではなく、参加者の皆さん同士や、炭谷をはじめとするスクールの“ナビゲータ”とも、たくさん議論し、ロールプレイを通じて学んだことを“体感”して頂くことで、“ナビゲーション”のエッセンスをたっぷりと体験していただけることにあると思っています。

現役のスクールの保護者にも毎回のようにご参加頂いていることも、一つの特徴といえます。子どもが通う学校の“先生”と、一泊二日で膝を突き合わせ、時には夜中まで語り合える対話の機会は、そうはないのではないでしょうか。そういう生の現場の声を見て、感じて頂けることは、他の参加者の皆さんにも良い刺激になっているのではないかと、考えています。

DSC05879 (300x225)

講座は、「知る・感じる」というお互いをよく知り合うためのセッションから始まるのですが、ここだけでも、十分ナビゲーションのエッセンスを感じることができます。小グループに分かれて、参加者同士で15分間ずつじっくりとインタビューしあう体験では、それぞれが好きなこと、得意なことなどをじっくりと話すことができます。その様子は、笑顔にあふれ、皆さんとても楽しそう。話をされる方は、自分も忘れかけていたようなことに気づいたり、自分の良さを再認識したりと、いろんな気づきを得ることができている様子でした。最後に、キャッチコピーをプレゼントされるのですが、それも個性にあふれ、楽しみなことの一つです。

人が集まれば、人それぞれの個性があり、見方・捉え方があります。そして、一人一人に無限大の可能性があります。その可能性を伸ばし合える世の中になって欲しい。そんな思いで、この講座はこれからも続いていきます。

DSC05885 (300x225)

<受講生の声>今回は、セッション「知る・感じる」にフォーカスしました♪

・人の悪い所は、よく目につくが、良い所を見る努力をすると、自分も相手も笑顔になりました。(40代美容師H.Tさん)

・色んな人と向き合うワークショップを通して、自分の特性を発見することが出来たような気がします。自分自身の強みにフォーカスし、新たな発見ができたのでこれからは、少し心地良く生きて行けそうです。(20代会社員M・Tさん)

・大人になると誉められることが、少ないのでたくさん良い所を挙げて頂いて素直に嬉しかったです。今後、私も妻や子ども達の良い所を探し、それを伝えるようにしたいです。(30代会社員K・Tさん)

・子どもの自立心を育てるには、まず子どもを知り、感じること、信じること、というのを実感しました。         (40代医師S・Aさん)

・相手の話を聞く、認める、その方法が「なるほど!」と分かりました!(40代幼稚園勤務S・Y)