ラーンネットBlog

第27回ナビゲーション講座基礎編 参加者の声(ラーンネット通信5月号より)

大人も話そう好きなこと!話し出すと止まらない!!

4月、まだ寒さの残るのびのびロッジで、第27回ナビゲーション講座を開催しました。今回の参加者はフルスクールやアフタースクールの保護者の方、保育士さんや大学の先生、ご夫婦で参加される方と様々で、女性が半数以上の和やかなメンバー構成でした。

グループワークが多いのが特徴のナビ講座。いつも初めは緊張気味でスタートするのですが、「知る・感じる」のプログラムが終わる頃には、初対面だったことを忘れるほどすっかり打ち解けてなんでも話せる雰囲気になっていきます。この「知る・感じる」のプログラムを少し紹介します。

そのうちの1つはインタビューゲームです。15分間、自分の好きなことや得意なことをグループで話す時間を取り、最後に皆でシェアします。大人になると普段の生活の中で、自分のこと、最近凝っていることや夢、今までの人生なんかを真剣に話をすることはなかなかないですよね。話す時間がたっぷりある、しかも聞いてもらえる安心感があることで、グループごとにどんどん話が盛り上がり、親密になっていくのがとてもよく分かります。そして、その後皆の前で発表するのですが、話し出すと止まりません!以前からの友達のように、その方のストーリーを皆さんが紹介していくのは、本当に面白いです。1分で止めるのが忍びないほど・・・

DSC06750

夢を語るのはもう遅いとあきらめていませんか?好きなことを話しているうちに、もっとこうしたい!という意欲にもつながるし、子どもたちの夢の見本にもなっていくと思います。他人から伝えてもらうことで自分を再認識して、新たな自分を発見するかもしれません。

次回のナビ講座は8月に開催します。是非、参加して実感してみてください!

DSC06751

☆ 参加者の声 ☆

・子どもを伸ばすための接し方について、具体的に感じとることができました。実践するにあたってはしばらく探りながら試していくことになるかと思いますが、何よりも子どもの可能性を信じ、焦らずに向き合うことが最も大切と痛感しています。(I.Yさん)

・参加者やナビゲータと話す時間が、講座時間内外にたっぷりとあり、貴重でした。子育ての具体的な悩みの話を聞けてよかったです。悩みを話し合うこのような機会はほとんどないと思いました。(T.Tさん)

・ナビゲーションにしても、自分の子育てにしても、あまり大きな目標を持ったり、急ぐ必要はないんだと気づきました。子どもにまかせ、見守ることのできる自分になる方が大変なことだと思いました。(S.Mさん)